こんにちは!大分県中津市に拠点を構え、大分市をはじめとした大分県や近隣の地域で、工場やオフィスビルなどの電気設備工事や、一般住宅の電気工事を手がけている株式会社木花電設です。
落雷の被害は地域によって発生率が高い場所もあり、避雷針の設置は必要不可欠です。
今回は、建物に避雷針を設置することの重要性についてご紹介いたします。


落雷被害から建物を守る

建物に雷が落ちれば、電化製品は故障し、落雷が原因で火災が起こる危険性もあります。
避雷針を建物に設置すれば、落雷の被害は減り、家財や家屋は守られるでしょう。
しかし、電化製品の場合、避雷針の設置だけでは故障を避けられないケースもあります。
電化製品を落雷から守るためには「避雷器」も必要です。
避雷器は、落雷によりおこる瞬間的な高電圧を制御する機能があり、電柱や分電盤に付いています。


避雷針の仕組み

「雷を避ける」と書く避雷針ですが、避雷針自体が雷を避けているわけではありません。
むしろ、落雷を受け止めています。
避雷針は、屋根や屋上といった建物の1番高いところに設置しますので、雷が落ちやすくなります。
そうすることで、避雷針周辺の落雷被害を避けることになるのです。
金属でできている避雷針は電気を通しやすく、雷が避雷針に落ちると、つながれている導線を通り、埋設した金属の電極へ流れていきます。
その後、地中に逃されるという仕組みになっています。


避雷針の設置が必要な建物

建築基準法により、避雷針の設置を義務付けられている建物があります。
それは、高さが20メートルを超える建物および、煙突や広告塔などの工作物です。
高さがある建物に雷が落ちやすいのは確かですが、高さ20メートル以下の建物に雷が落ちないというわけではありません。
法律で義務付けられてはいませんが、高さ20メートル以下の建物にも避雷針を設置すれば、安心できるでしょう。
高さ20メートル以上の建物・工作物以外でも、大量の危険物を扱う製造所や貯蔵タンク、火薬や爆薬の保管場所には避雷針の設置義務があります。


木花電設へご相談ください!

弊社は業歴20年以上の代表のもと、豊富な現場経験と知識、確かな技術力を備えたスタッフが在籍しており、安全で高品質な施工をお約束いたします。
工場などの電気設備工事、テレビアンテナ工事や照明のLED化などの一般住宅の電気工事の他、業務用エアコン工事や家庭用エアコン工事といった空調設備工事のご依頼にも対応いたします。
個人・法人問わず、幅広くご相談を承りますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


大分県でエアコン取り外し・エアコン取り付け工事は木花電設
現在、新規スタッフ・電気工事士を求人中です!
871-0026  大分県中津市大字高瀬643番地1
TEL/FAX:0979-64-7283
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・
ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係の案内は【禁止】とする